これが原因でビールが苦手に?

20歳の時、女3人、男3人のいわゆる合コンというのに誘われたことがありました。

「女の子一人足りないからお願い!」と完全な人数合わせで呼ばれたので、私は特に目的もなく、誘ってくれた友人を適当に盛り立てていました。

それまで大学の友人と多少は飲みに行っていましたが、何しろまだ20歳。

あまり経験がありませんし、果実系のカクテルやチューハイしか飲んだことがなかったのです。

この合コンで行ったのは焼肉屋。そして「取り敢えず・・・」となれば最初にビールが出てきます。実はビールを飲むのはその時が初めてだったのですが、まあいいかと思って「私も」と手を上げてしまったのです。

初めてビールを飲んだ時の感想は、とにかく苦いの一言でした。う~ん、これは一体何がおいしいんだろう?と首を捻りましたが、一口で止めるわけにもいかず、コップ半分くらいをやっとの思いで飲んだのです。

私が会話の中心になることはなかったので、たまに相槌を打つくらいでよかったのですが、徐々に気分が悪くなってきました。

合コン開始から1時間半ほど経ち、それまで食べたのは肉一皿とビールだけ。とにかく気持ち悪さを何とかしようと、水をごくごくと飲み始めたのですが一向に回復はしません。

そうこうしているうちに、今度は吐き気が襲ってきて慌ててトイレに駆け込みましたが、何も出てこずにただ嗚咽するばかりでした。

他の5人は2次会に行こうという話をしていたようですが、あまりの体調の悪さに私だけ自宅アパートへ送り届けてもらいました。

車中の中でも「もう止めて~」などと言っていましたから、運転手は気が気じゃなかったでしょう。

そしてアパートに着いて、私はベッドに倒れ込みました。そのまま一晩寝て何とか回復しましたが、初めてお酒で失敗したなと反省しました。

後で気がつきましたが、女友達も含めて全員で送ってもらったので良かったのかもしれません。

あんなに気持ちが悪くて頭が回らない状態だったら、場合によっては襲われるところだったかもしれません。

信頼していた人でも送りオオカミになることもあるので、これからお酒にトライしようとしている若い女性は特に気をつけて欲しいですね。

普段なら何てことない状況でも、お酒に酔ってしまっては思うように体も動かせませんし、声も出ませんから。

あれから10年以上が経ち、勤め先でもプライベートでも何度も飲み会の機会はありましたが、未だビールが苦手です。

お子様舌なのか、それとも文字通り苦い思い出が原因なのかはわかりませんが、あれ以来人前で醜態を晒すことはなくなりました。

下戸なのにお酒を飲んだら顔が真っ赤っ赤になり・・・

とある飲み会で

30代の頃、とある居酒屋で開催された、飲み会の席に参加しました。その飲み会は同年代の親しい友人もあり、まったく顔も知らない20代や40代の人も参加していました。総勢10人くらいはいましたが、いわゆる友人同士が誘い合っての飲み会といった感じです。

私は超がつくほど下戸で、ちょっと飲むだけでも体調がおかしくなるほどなのです。一方で参加している周囲の人たちは、お酒を飲んでもケロッとした顔でいられる人たちばかりです。そんなみんながお酒を飲んでいる席で、私もちょっとここは飲んで起きたいなくらいに考えてしまいました。

とりあえずアルコール度数5%以下のレモンサワーくらいなら、俺でも飲んで大丈夫だろう。そんな感じに思ってしまいました。実際誰が飲んだって顔色が変わる人なんか1人もいません。ついつい自分もそっち方面の人種だと思い違いをしてしまいました。

それに周囲のメンバーが飲むだろ?飲むだろみたいにおすすめしてくるんです。こんな状況でお断りなんていう空気が読めないことはできませんでした。
そしてからあげだのおにぎりだのを一生懸命食べたり、水を飲んだりしていれば大丈夫だろうと、安易な気持ちで飲み始めました。

下戸なのに呑んで顔真っ赤

一口飲んでも体が熱くなる様子は全くありませんでした。私はもしかして下戸の症状が治っちゃったかな?なんていう幻想に取り憑かれていまいました。それでついついグビグビと行ってしまいました。自業自得ということなのでしょうが、このあと自分にとって、予想通りの悲劇が待ってっていました。

体がどんどん熱くなってくるのです。ちょっと量を大目に飲んでしまったとはいっても、人から見ればほんのひと口です。大ジョッキで2センチくらい飲んだ程度なのに、自分の体、そして顔がどんどん上気するのがわかります。

そして周囲の反応も変わってきました。顔真っ赤だよと。どんだけ赤いのかというほど、真っ赤なことをからかわれてしまいました。私は赤い彗星のシャアかと。それで水を飲んだりしましたが一向に改善の気配が見られず、私はその場で真っ赤な人として覚えられてしまいました。

洗面所に行って顔を見ると、たしかに真っ赤でした。それで水道水でじゃぶじゃぶと洗ったり、外気に触れていたりすると、いつの間にか時間が過ぎていました。

2時間も外気に当たっていたでしょうか。気がつくとみんな帰り支度をしています。ということで私は、顔が真っ赤な空気が読めない人になってしまったのでした。おわり。

まさか吐くまで飲んでしまうとは

私が普段飲むのはチューハイやカクテルなどで、ビールやワイン、ウィスキーなどは滅多に飲みません。苦みや渋みが苦手なんですね。でも日本酒だと結構いける口なのです。職場がほとんど男性ばかりなせいか、飲み会と言えばビールや焼酎、ウィスキーばかりが出てきます。まだ入社したての20代半ば、一人でチューハイを頼むのもやりづらくて何となく日本酒を飲んでやり過ごしていたのです。数少ない女性社員に無理にお酒をすすめてくる人もいなかったので、注ぎに回っていれば自分が飲まずに済んでいました。

しかし部署だけの少人数で行われた忘年会、ここでとても苦い体験をしてしまいました。直前に人事異動があったため、新任の部長の歓迎会も兼ねた忘年会でした。その方が頼むのは焼酎と日本酒。しかも、もうお開きというところで私の直属の上司であった幹事が日本酒を追加注文してしまったのです。今から頼まなくてもいいだろうと言ってくれる人もいたのですが、頼んでしまったものは仕方がありません。他に日本酒を飲めるのが私しかいなかったので、部長と二人で空けてしまったのです。

私はそこで帰ったのですが、さすが日本酒、後からきます。自宅に帰った時はそうでもなかったのですが、深夜に何度も嘔吐してしまいました。喉も乾くので吐いては水を飲むの繰り返しで、ほぼ一晩中眠ることができませんでした。吐ききったせいか、二日酔いというほどの気持ち悪さはありませんでしたが、ほとんど寝ていない妙なテンションで次の日も普通に出勤しました。
それまでもお酒で失敗したなと思うことはありましたが、気持ち悪さで言えばこれが一番でした。家人にバレないようにコソコソとトイレで吐いていたのですが、本当に気づかれなくて良かったです。やっぱり、無理をして相手に合わせてしまったのがまずかったのでしょう、明らかに許容量をオーバーしていました。

人前では平然としていたので、周りも気にしてくる様子はありませんでした。今思うと、もっとお酒に弱いアピールをしておくべきだったかなと思っています。最近は飲み会にも慣れてきたので、嫌なら断ることもできますし、ある程度自分のペースを乱さずに楽しむことができるようになりました。ただ、あの時の教訓として、日本酒は1~2杯で止めておくようにしています。自宅でもあまり飲みません。自分の感覚として、冷よりも熱燗の方が飲みやすいので、いくらでも飲めるような気がするんですよね。それに惑わされず、自分の限界のかなり前で止めるようにしています。

アラフォーぐらいからお酒にめっきり弱くなったが、あるドリンクを飲んだら以前のように飲めるようになりました。

私は44歳の男性会社員です。

お酒に強い母の血を濃く受け継いでるからか、20代30代はいくらでもお酒を飲めました。よほどハードに飲まないと二日酔いもしなかったんですよね。

今までお酒を飲みすぎて記憶がなくなったっていうことは一度もありません。一度体験してみたいとは思ってるんですけどね。

普段よく飲むのは日本酒かウィスキーです。
日本酒を熱燗にしてお鍋をつつきながら飲むっていうのが人生で一番幸せを感じます。

でもビールやカクテルはあまり飲みません。一緒にお酒を飲む相手がビールやカクテル好きだった場合、相手に合わせる為に飲むだけですね。

というのもビールのようなアルコール濃度の薄いアルコール飲料っていくら飲んでもまったく酔わなかったからです。

しかし加齢というのは恐ろしいもので、30代後半から日本酒やウィスキーを飲むと酔うようになったんです。

座って飲んでる時はなんてないんですが、トイレに行こうと立ち上がって歩き出すと足腰がガクっとなります。

しかも頭が痛くなったり、翌日二日酔いになったりするんですから驚きです。

今まで翌日に持ち越すっていうのはほぼなかったのもあり、お酒にすごく弱くなったなって感じてました。

この頃から飲みに行くのはやめて、宅飲みが多くなりました。
自宅ならお酒に酔って動けないってなっても、寝室に移動して寝るだけなので安心です。

そんな時、ヘパリーゼWっていう清涼飲料水の商品モニターに当たったんです。

ヘパリーゼWっていうのはコンビニで販売してる栄養ドリンクの一種で、肝臓エキス配合を配合してるお酒飲み御用達のドリンクです。

実は今まで胃もたれや二日酔いとかしなかったので、こういうお酒用栄養ドリンクって飲んだことはありません。

試しにヘパリーゼWを飲んでからお酒を飲みに行くと、お酒を飲んでも足腰に来ないんです。

お酒を飲んでも足腰に来ないなんか久しぶりですし、その日は調子に乗って痛飲してしまいました。

飲んでる時もこりゃあ明日は二日酔い酷いなと覚悟してたんですが、ヘパリーゼWの効果って恐ろしいですね。
二日酔いの症状が出ませんでした。

何度か試しましたが、お酒を飲む前にヘパリーゼWを飲んでおけば二日酔いの症状は出ないですし、若い頃のようにお酒を飲んでも普通に歩けるようになりました。

そして最近ずっと宅飲みだったのに、飲みに行くのを解禁しました。

ヘパリーゼWを一本飲んでからお酒を飲めば体調不良は起こしません。

宅飲みもいいですが、外に飲みに行くっていうのは気持ち的にも良いんですよね。

こういう栄養ドリンクって効き目がないんじゃ?って思う方も多いと思いますが(私もそうでした)、お酒に弱くなったなってお悩みの方は一度試してみてください。