まさか吐くまで飲んでしまうとは

私が普段飲むのはチューハイやカクテルなどで、ビールやワイン、ウィスキーなどは滅多に飲みません。苦みや渋みが苦手なんですね。でも日本酒だと結構いける口なのです。職場がほとんど男性ばかりなせいか、飲み会と言えばビールや焼酎、ウィスキーばかりが出てきます。まだ入社したての20代半ば、一人でチューハイを頼むのもやりづらくて何となく日本酒を飲んでやり過ごしていたのです。数少ない女性社員に無理にお酒をすすめてくる人もいなかったので、注ぎに回っていれば自分が飲まずに済んでいました。

しかし部署だけの少人数で行われた忘年会、ここでとても苦い体験をしてしまいました。直前に人事異動があったため、新任の部長の歓迎会も兼ねた忘年会でした。その方が頼むのは焼酎と日本酒。しかも、もうお開きというところで私の直属の上司であった幹事が日本酒を追加注文してしまったのです。今から頼まなくてもいいだろうと言ってくれる人もいたのですが、頼んでしまったものは仕方がありません。他に日本酒を飲めるのが私しかいなかったので、部長と二人で空けてしまったのです。

私はそこで帰ったのですが、さすが日本酒、後からきます。自宅に帰った時はそうでもなかったのですが、深夜に何度も嘔吐してしまいました。喉も乾くので吐いては水を飲むの繰り返しで、ほぼ一晩中眠ることができませんでした。吐ききったせいか、二日酔いというほどの気持ち悪さはありませんでしたが、ほとんど寝ていない妙なテンションで次の日も普通に出勤しました。
それまでもお酒で失敗したなと思うことはありましたが、気持ち悪さで言えばこれが一番でした。家人にバレないようにコソコソとトイレで吐いていたのですが、本当に気づかれなくて良かったです。やっぱり、無理をして相手に合わせてしまったのがまずかったのでしょう、明らかに許容量をオーバーしていました。

人前では平然としていたので、周りも気にしてくる様子はありませんでした。今思うと、もっとお酒に弱いアピールをしておくべきだったかなと思っています。最近は飲み会にも慣れてきたので、嫌なら断ることもできますし、ある程度自分のペースを乱さずに楽しむことができるようになりました。ただ、あの時の教訓として、日本酒は1~2杯で止めておくようにしています。自宅でもあまり飲みません。自分の感覚として、冷よりも熱燗の方が飲みやすいので、いくらでも飲めるような気がするんですよね。それに惑わされず、自分の限界のかなり前で止めるようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA